犬に涙やけできてしまう理由とは?原因と改善方法はこれ!




可愛いワンちゃんの顔をよく見てみると、「目の周りの色が変色している?」と思ったことはありませんか?
これは涙やけと呼ばれる症状です。

特に老犬には多くみられる症状ですが、若く健康な犬にもみられることもあります。

涙やけができてしまうと見た目のの印象も変わってしまいますし、健康面も心配にもなりますよね。犬の涙やけは健康に問題がない場合もあれば、病気のサインである場合もあるのです。

今回は犬の涙やけの原因と、対処法についてご紹介します。

涙やけとは?涙やけになってしまう主な原因を解説

涙やけとは目頭から目の周り、或いは鼻にかけて毛の色変色した部分のことを言います。

犬も人間同様に涙を流しますが、その涙が長期間溢れ出し目の周りに付着しているとその部分が茶色に変色してしまうのです。

この涙が長期間溢れてしまう症状は、流涙症(りゅうるいしょう)と呼ばれています。

流涙症になる原因は、大きく分けて下記の3つです。

  • 目への過度な刺激
  • アレルギー
  • 目の疾患

目への刺激による涙やけ

まず疑われるのが目への刺激等によるものです。

睫毛や被毛が目に入り、知らず知らずのうちに目を傷つけてしまっていることが考えられます。
この場合、目に毛が入らないようにトリミングを行えば症状は改善されるでしょう。

また、ゴミやホコリが目に入って涙が過剰に分泌されることもあるので、犬の過ごす空間をいつも清潔にしておくと安心です。

アレルギーによる涙やけ

次に考えられるのが、アレルギーによって涙が出ている可能性です。

犬も人間同様に花粉やハウスダストにアレルギー反応を起こすこともあります。

特定の場所に止まっている時に涙が出る場合や、特定の季節に外を散歩していると涙が出ているなどの心当たりがあるならアレルギーが原因かもしれません。

一度動物病院を受診してみた方が良いでしょう。

目の病気による涙やけ

そして最も注意したいのが目の疾患です。

流涙症になる要因は、涙が過剰分泌されている(分泌性流涙症)と涙が正常に排出されない(閉塞性流涙症)に分けられます。

涙が過剰分泌されているケースでは、結膜炎、角膜炎、眼瞼炎などの眼疾患の可能性があります。

手で目をこするような仕草が増えたり、目やにが出ている場合は眼疾患が疑われるので、獣医師の診察を受けた方が良いでしょう。

涙が正常に排出されていない閉塞性流涙症のケースは、鼻涙管狭窄、鼻涙管閉塞の可能性があります。

本来であれば犬が涙を流すとき、余分な涙を目から鼻に流すための鼻涙管(びるいかん)を通るため涙の量も調節され外に流れ出ることは少ないのです。

ところが、何らかの原因でこの鼻涙管が狭まったり、詰まってしまうと涙が多く溢れてしまいます。

遺伝子など先天的に鼻涙管が狭く生まれる個体、完全に塞がっている個体もいるので、この場合は手術を受けなくてはいけません。

また、後天的に異物が鼻涙管に詰まってしまう場合もあります。

この場合、獣医師によって鼻涙管のマッサージや洗浄してもらうことで鼻涙管の機能が正常に戻ることがほとんどです。

いずれにしても心配な場合は動物病院を受診して獣医師に相談しましょう。

涙やけになりやすい犬種ってあるの?

涙やけになりやすい犬種はたしかにあります。

一般的に言われているのは、目が大きく鼻が短いといった特徴を持つ短頭種と呼ばれる犬種です。

例えばシーズー、パグです。

シーズーやパグは目の周りの皮膚にシワやたるみが多いのが多く、いわゆる逆さまつげの状態になりやすい傾向があります。

まばたきをするたびに睫毛が目を刺激して涙やけを起こしてしまうというわけです。

トイ・プードルやマルチーズも涙やけを起こしやすい犬種として知られています。

トイ・プードルやマルチーズは、他の犬種に比べると先天的に鼻涙管が狭い、或いは閉塞していることが多いようです。

そのため鼻涙管閉塞による涙やけを起こしやすくなります。

アレルギーによる流涙症を発症しやすいのは
柴犬やチワワ、ミニチュア・ダックスフンドなどが知られています。

この様に、体の特徴や先天的に流涙症になりやすい犬種がありますので、予備知識として知っておけば対処にも戸惑いは少ないでしょう。

また、被毛の色々で涙やけが目立ちやすかったり、目立ちにくい犬もいます。

例えば、体の色が白やクリーム色など薄い色であれば、茶色に変化した部分が目立ちます。

体の色が全体に茶色や赤茶色の個体の場合は、涙やけが起きていてもあまり目立つことはありません。

涙やけの予防や対処はどうしたらいい?

犬の涙やけ予防するためには下記のことに気をつけましょう。

  • 定期的にシャンプーやトリミングをする
  • 涙をこまめに拭く
  • 飼育環境を清潔に保つ
  • ドッグフードを変える

この4つが涙やけを改善する基本的なものです。

定期的にシャンプーやトリミングをする

トイプードルやシュナウザーなど、毛が伸びる犬種は特に定期的に毛をカットしないと目に毛が入って眼疾患を引き起こしやすくなります。

神経質になる必要はありませんが、定期的にトリミングサロンでシャンプーをしたり、自宅で体を洗ってあげるなど清潔を心がけましょう。

涙をこまめに拭いてあげる

また涙が出ていたらそのままにせず、すぐに拭き取ってあげると涙やけに至らずに済みます。

涙を拭いてあげる場合には、ティッシュペーパーよりもコットンやガーゼを使ってやさしく拭き取ってあげるのが良いでしょう。

時間が経ってしまい、毛が固まってしまっている場合は、コットンやガーゼを濡らして固まった毛をふやかします。

そして引っ張らないように優しく毛をほぐしてコームで整えてあげます。

飼育環境を整える

それからダニやハウスダストによるアレルギー症状が出てしまうリスクを下げるためにも、飼育環境を綺麗にしましょう。

掃除したり邪魔なものは置かないなどの配慮が涙やけの予防につながります。

ドッグフードを変える

ドッグフードが愛犬と合っていない、もしくはアレルギーが出てしまうなどの理由で涙やけになっている犬もいます。

私はトイプードルを飼っているのですが、ドッグフードを変えることによって涙やけがかなり改善されました。

涙やけが気になるよという方はまずドッグフードを変えてみるのが一番だと思います。

動物取扱責任者が選ぶ涙やけ対策におすすめドッグフードランキング!
動物取扱責任者が選ぶ涙やけ対策におすすめドッグフードランキング!
「愛犬の涙やけに悩んでる」私のドッグサロンではこのような悩みの飼い主さんが沢山来ます。涙やけを簡単に説明すると、涙が原因で犬の目頭付近の毛色が赤茶色になってしま.....

心配であれば病院で診てもらうのが一番

結膜炎や角膜炎が原因で流涙症になっているのであれば、動物病院を受診して治療を受ける必要があります。

病院で処方される点眼薬を使用することで症状が治まる場合がほとんどです。

鼻涙管が狭くなっていたり、異物が詰まっていることが原因ならば、麻酔をかけて鼻涙管に管を通し洗浄をしたり手術をすることで改善が見られます。

まつ毛の生え方や眼瞼内反症のが原因の場合も手術による処置を行う場合があります。

アレルギーが疑わしい場合には、病院でアレルゲンを特定してもらいアレルゲンに接触することを極力避ける生活に改善していきましょう。

ネットの情報に騙されないで

ここで注意したいのが、飼い主が自己判断でホウ酸水で対処することです。

ネットの情報の中には、涙やけにはホウ酸水が有効だと伝えるものもあります。
しかし、ホウ酸は経口中毒の可能性もあり推奨ができません。

ホウ酸中毒はとても危険であり、人間の成人が
1~3g摂取したとき中毒症状が起こり、致死量は15~20gと言われています。

体重3kg程度の小型犬であれば経口中毒量が約0.05g~0.15g、致死量が0.75~1gとなります。

使用したホウ酸水を犬が舐めてしまうことも考えられますので、ホウ酸中毒を起こす可能性は否定できません。

ですから、素人の自己判断でホウ酸を使用することは控えた方が良いでしょう。

愛犬にはいつまでも可愛らしく健康でいて欲しいものです。
そのためにも日頃からよく愛犬を観察してあげましょう。

そうすれば早期発見ができ、早期に対処することができます。
そして心配なことがあればプロである獣医師に迷わず相談しましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ベストワンっ!厳選の一押しドッグフードはこれ!
ドッグフードおすすめランキングを見る
ベストワンっ!厳選の一押しドッグフードはこれ!
ドッグフードおすすめランキングを見る