犬が震える?その原因の紹介と対処法・動物病院へ受診する基準も紹介




犬が震える、突然現れたこの状況に混乱する飼い主さんも少なくありません。
病気なのか怖がっているのか、それとも別の原因なのか、それすらも分からないことが多くあります。

実は、この犬が震える状態、そこまで驚くことではありません。
いくつかの原因を知っておき、それらの対処法や動物病院へ連れていく基準を知っていれば、冷静に対処できます。

今回、犬が震える原因について紹介し、それらの対処法や動物病院へ受診する目安をまとめました。
この記事を読めばきっと犬が震える原因を把握して、冷静に適切な処置ができるようになるでしょう。

犬が震える原因

犬が震える原因はいくつかあります。
寒さや緊張、怖がりによる生理的な震えと痛みや発熱、中毒やてんかんなどといった病的な震えに分かれます。
ここでは生理的なものと病的なものによる震えの原因についてそれぞれお話ししていきましょう。

生理的なものによる震え

まず、生理的なものについてお話しします。
寒さはヒトと同じように寒い環境になると震えるもので、筋肉を震わせることで熱を出して寒さから身を守る反応です。

犬は毛皮に覆われていて寒さに強い印象を持っている方も多いかもしれませんが、子犬(体温のコントロールが苦手)、暖かい国にルーツを持つ犬種(アフガンハウンド、オーストラリアンテリア、サルーキなど)は寒さに苦手で寒いと震えます。

また、被毛が一重構造になっているシングルコートの犬種(プードル、パピヨン、ミニチュアダックス、チワワ)も寒さに弱いとされています。
こういった犬は秋や冬、室内のクーラーが効きすぎていると震えだしますから注意しましょう。

緊張や恐怖でも震えます。
ヒトでもこういった状況になると同じように震えますが、犬も緊張や恐怖といった心理状況に陥ると震えることが少なくありません。

例えば、聞きなれない大きな音が鳴った時や普段とは違った慣れない場所へ行ったことが震える原因です。
もし花火大会や雷を経験したり、旅行などで今までとは全く違った風景の場所へ行ったとしたら、このように心理的な原因で震える犬も出てきます。

病気が原因の震え

病的なものについても紹介しましょう。
まず痛みが強い場合でも犬は震えます。筋肉や関節の痛み(関節炎やヘルニア、膵炎など)が強いと辛さから震えることが珍しくありません。

関節炎やヘルニアの場合は足や背中を触ると声を出したり、触られることに抵抗したりします。
膵炎などの内蔵由来の痛みであればお腹に触れたり、抱いたりするとひどく抵抗します。

震えていて、普段では抵抗しないような行動に抵抗する場合は、痛みによる原因が考えられます。

中毒によって震えることも少なくありません。
中毒というと、つい毒のある草を食べてしまったとか、傷んだ食べ物を食べたというイメージをしてしまいがちです。

しかし、多くが玉ねぎやチョコレートなど身近なものを誤って食べてしまったことで起こります。
こういった原因の場合は、震えだけでなく下痢や嘔吐と言った人間でいう食中毒のような症状を引き起こします。

てんかんも犬のふるえの原因です。
激しく震えたり、いきなり身体が固まるといった異様な状況になることで分かることが少なくありません。

最後が発熱で、これはヒト同様に犬も震えが起こります。
悪寒と同じようにかなり熱が出ている状態ですから、病気になっている可能性が高い状態です。

これらの生理的なものや病的なものの原因のいずれかで震えている場合がほとんどですから、まずは生理的なものなのか、病的なものなのかを判断しましょう。

やみくもに飼い主さんがパニックになると犬にも伝わります。なので犬の震えを悪化させないためにも大まかな原因を把握して落ち着いて行動することをおすすめします。

自分でできる犬が震える対処法

自分でできる犬が震える対処法は、生理的な震えに対するものに多くあります。

寒さによる震えは、家の中の温度管理をしっかりし暑すぎず寒すぎない温度にしておきましょう。
外出時も秋冬は寒くない日中の暖かい時間を選んだり、夏場は暑すぎない早朝や夕方などに行動します。
寒い場合は服を着せるのもおすすめです。

緊張や恐怖に関しては花火や大きな音の原因になっている場所から離れたり、慣れない場所の場合は声掛けやスキンシップなどで犬を安心させましょう。

病的なものが疑われる場合は応急手当のような対処法が重要です。
痛みの場合は楽な姿勢を取らせてあげたり、中毒の場合は嘔吐してものどに詰まらせないように吐きやすい姿勢にします。
これらの状況では、下手に触るといくら親密な犬であっても飼い主に噛みついてくることがあります。

てんかんなどが疑われる場合は、状況をしっかりメモしておきましょう。
さらに、部屋の真ん中に犬を寝かせ、周囲をクッションのようなやわらかいもので囲います。
この対処法は、けいれんによって犬に噛まれることや、犬自身が壁の角や危険な場所で体をぶつけ、ケガをしてしまうのを防ぐために行う対処法です。

病的なものに関しては、自分だけで対処しようとせずに動物病院で診てもらうのが確実です。

基本的に飼い主ができる犬が震える対処法は、犬が感じる寒さや暑さ、慣れない環境や音、不快な状態と取り除くことです。
つまり、ストレスを緩和させ原因をなくす、これが自分でできる犬が震える基本的な対処法と言えます。

犬が震える症状で動物病院へ連れていく目安

息苦しい、あるいは立っていられないなどの異変があれば、病院へ連れていくのが確実です。
これら以外にも触ると激しく抵抗する、震えながら下痢や嘔吐が止まらない、熱があるという状態でも病院へ連れていく目安でしょう。

また、あまり見られない症状ですが、バタバタ動かしながら震える
身体がピキッと硬くなることも基本受診させるポイントです。

基本的に異変以外にも何か気になることや不安なことが震えで感じるようであれば病院へ連れて行っても良いと言えます。
息苦しさや立っていられないと言った状況であれば必ず病院へ連れていきましょう。

もちろん、病院へ連れていく前に極力安静にさせたり、こちらで出来ることは多くあります。
その出来ることとは観察と記録です。

観察は震えているタイミングがどのくらい前から出ているのか、すぐに止まるのかずっと続いているのかと言ったことを見ておきましょう。
また、動くと震えるのか、止まっている時だけ震えるのか、あるいは常に起きているのかと言ったことも観察します。

記録は、震えが起こる前の状態を思い出して記録することも重要です。
震えが起きる前にどんなものを食べていたか、状況に変化があったのかと言ったをメモしておきます。

こういった状況判断、観察、記録をしたうえで病院へ連れていくのが理想です。
自分で判断できない場合でも獣医師の先生がきちんと判断を行ってくれますから、まずは犬を不安がらせないように対処することが犬が震える状況の対処法と言えます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ベストワンっ!厳選の一押しドッグフードはこれ!
ドッグフードおすすめランキングを見る
ベストワンっ!厳選の一押しドッグフードはこれ!
ドッグフードおすすめランキングを見る