愛犬がご飯を食べない?ドッグフードを食べない理由とその対処法!




「愛犬がご飯を食べない」「以前のようにご飯の時間を楽しみにしていない」「食べる量が減ってご飯を残してしまう」「食べむらがある」という時、飼い主としては非常に不安になるものです。
愛犬にとっては食事は生きていく上で欠かせないので、不安になることは当然ですね。

なぜ食欲が減退するのか?減退した食欲を戻してあげるためにはどのようにしたら良いのかなどをこの記事で説明していきます。

動物取扱責任者が選ぶドッグフードおすすめ人気ランキング!ドッグフードの選び方や嘘のランキングの見抜き方も教えます。
動物取扱責任者が選ぶドッグフードおすすめ人気ランキング!ドッグフードの選び方や嘘のランキングの見抜き方も教えます。
「ドッグフードの種類が多すぎてわからない」 「愛犬に合ったドッグフードの選び方がわからない」 「口コミや評判、ドッグフードランキングサイトが本当なのか信用できな.....

 

愛犬が食欲減退する様々な理由

愛犬が食欲がないと感じたとき、様々な愛犬の状態により飼い主は気付くでしょう。

  • 全く食べない
  • 食べる量が減った
  • 食べようとはするけれど食べない
  • なんだか元気がない
  • 食べたけれど吐く

 

では、どのようなときに愛犬は食欲が減退してしまうのでしょうか?理由をみていきましょう。

身体の調子が悪い

身体の調子が悪い」場合ですが、普段と様子が違う場合や便や尿などの状態など気になる症状があれば、すぐに動物病院を受診することをお勧めします。

愛犬は身体が辛くても話すことができません。
そこで飼い主が普段と違う症状や元気がない様子と判断したのなら、かかりつけの獣医さんに見てもらうのが一番です。

老化

「老化」の場合については、食欲が急に減退しているわけではなく徐々に食欲がなくなっていたり、徐々に食べる量が減っていたりするはずなので個体差もあります。

まず老犬は運動量が減るので、食事量を減らすのは肥満を防ぐ上でも重要です。
年齢に合った食事量を提供しているかどうか再確認する必要があります。
元気であれば心配しすぎず、予防接種などのタイミングで獣医さんに相談してみると良いでしょう。

ストレス

この「ストレス」については様々なことが挙げられます。

引っ越しなどで環境が変わったり、新しい犬をお迎えするなど家族が増えたりすることもストレスになると考えられるでしょう。

ペットホテルに預けられるなども同様です。
また雨が降り続き散歩に行きづらい、思いっきり遊ぶことや運動できる状況にないこともストレスになるでしょう。
人間も同じことが言えますが、季節の変わり目には体調を崩しやすく食欲が減退する人がいるように、犬にも同じようなことがあります。

環境の変化に敏感であったり、天候に体調が左右されたりしがちな愛犬に対しては、愛犬それぞれの体質を見極めておき、愛情をたっぷり注いでストレスを少しでも取り除いてあげるようにしましょう。

ドッグフード

最後は四つ目の「ドッグフード」です。

毎食同じものを食べるのですから飽きることもあるでしょうが、この「飽きている」と思われがちですが、実はそうではないパターンもあります。

例えば、間食が多く、おやつがおいしくて、選り好みのをしてドッグフードは食べない、という理由もあるでしょう。
この原因に心当たりがあれば、おやつのあげ方を工夫する必要があります。

しかし、おやつに心当たりがない場合、ドッグフードそのものが原因となっている可能性があり、ドッグフードが愛犬の体質に合っていないものかもしれません。

このようなことを踏まえ、ドッグフードが愛犬に合わない場合、愛犬がずっと食べ続けるものですから、どんな理由があるか知っておく必要があるでしょう。

愛犬にドッグフードを食べてもらう方法!

体調が悪いわけではないのに食べないという愛犬は、工夫をしたら食べてくれる可能性があります!
ドッグフードを食べてくれる方法をいくつか紹介します。

食いつきのいいドッグフードを選ぶ

そもそも今与えているドッグフードが愛犬に合ってない可能性があります。

犬は味覚は人間ほど鋭くありません。しかし、皆さんご存じの通り嗅覚は人間の何倍にも優れています。

犬は食べ物の匂いで食べたい、食べたくないという気持ちが動きます。
今与えているドッグフードが匂いが薄く食欲を増すような匂いでない可能性があるので匂いの強いドッグフードを選ぶとよいと思います。

また、老犬や子犬などの場合、顎が弱くドッグフードが硬くうまく食べられないため食べ物を残してしまうという可能性があります。

ドッグフードをふやかしてみる

今与えているドッグフードでも一工夫すると食べてくれる可能性があります。

ふやかすことによって匂いがつよくなり、食いつきがよくなります。
また柔らかくなり食べやすくなった結果よく食べるということもあります。
我が家ではふやかしてあげたほうが食いつきがいいです

実際にドッグフードをふやかしてみましょう。

  1. ドッグフードをいれた皿にぬるま湯を半分浸かるほど入れる。
  2. 5分ほど待つ。
  3. 爪の先でドッグフードをおして割れるようなら完成です。

ドッグフードによってふやかす時間は変わってくるのでまだ硬いなと感じたらもう少し時間を伸ばしてください。

ふやかしたドッグフードを放置するのは危険です。
水分を含んで腐りやすくなっているので、もう食べないなと判断したら残りは捨てましょう。

今使っているドッグフードにトッピングをする

普段与えているおやつを細かく砕いてドッグフードに混ぜるのも有効な手段です。

おやつの匂いと味で一緒にドッグフードを食べてくれます。

私の家ではモグキューブを細かく砕いたものをドッグフードに混ぜて与えています。
いつもより食いつきがよくトッピングにはおすすめの商品です。

下にモグキューブを評価した時の記事の載せておきます。

まとめ

愛犬がご飯を食べないのには必ず理由があります。

愛犬は話すことができないので、飼い主がそれを読み取って対応できるようによく観察をしてください。
いいドッグフードを食べてもらって、健康的なドッグライフをおくりましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ベストワンっ!厳選の一押しドッグフードはこれ!
ドッグフードおすすめランキングを見る
ベストワンっ!厳選の一押しドッグフードはこれ!
ドッグフードおすすめランキングを見る