犬にみかんは良くないの?犬にみかんをあげられるとしたらどんな食べ方が良い?




犬はヒトと同じ哺乳類ですが、食べ物に関してはヒトと同じ要領で食べさせてはいけないものもあります。
今回紹介するみかんはどうでしょうか。

そんな疑問に対してそもそも犬にみかんをあげても良いのか、もしあげるとすれば注意点はなんなのか、そしてみかんを犬が食べる場合の方法はどんなものがあるのか、そんな疑問を解説します。

これを読めばきっと犬のみかんとの付き合い方を知ることができるのではないでしょうか。
それでは犬とみかんというテーマでお話ししていきましょう。

動物取扱責任者が選ぶドッグフードおすすめ人気ランキング!ドッグフードの選び方や嘘のランキングの見抜き方も教えます。
動物取扱責任者が選ぶドッグフードおすすめ人気ランキング!ドッグフードの選び方や嘘のランキングの見抜き方も教えます。
「ドッグフードの種類が多すぎてわからない」 「愛犬に合ったドッグフードの選び方がわからない」 「口コミや評判、ドッグフードランキングサイトが本当なのか信用できな.....

 

みかんは基本OK!注意点も存在

犬にみかんをあげるのは基本的に問題ありません。
ただし、注意点があります。
この注意点を押さえることで初めて、みかんをあげて良いと考えましょう。

その注意点とは、果実のみを食べさせる、みかん以外のシトラスでNGのものを知る、あくまでおやつとして食べさせる、

まず果実のみを食べさせましょう。

例外としてみかんの薄皮は問題ありません。
食べさせてはいけないものは外皮や種です。

外皮はソラレンという成分やワックス、農薬などがついている場合もあるので必ず取り除きます。
ソラレンは、ヒトが摂取しても紫外線を吸収しやすくし、シミやそばかすなどを発生させる恐れがある物質です。

しかも、色素沈着を起こしやすくするだけでなく、肌にかゆみを生じさせたり、炎症を起こす原因になります。

ヒトでもこれだけの悪影響を与えるソラレンなので、とうぜん犬にもよくありません。
このソラレンを摂取してしまうと中毒を引き起こし嘔吐や下痢などを発症してしまうのです。
それだけ有毒な成分なので、誤って外皮を食べさせてはいけません。

さらにヒトの可食部分でもないので、様々な薬品などが塗られています。
見かけをよくするために外国産のものはワックスを塗ってあったり、農薬を吹きかけたままになっていることも少なくありません。

当然、これらの物質はヒトはおろか犬にも良いはずがないのです。
種も食べさせてはいけません。
ヒトでも食べないように種は、消化されずに他の動物でもフンから出てくるくらい消化されにくい部分です。

そんな消化されにくい部分を食べさせてしまうと、消化不良や下痢、便秘と言った消化器のトラブルを引き起こす原因になってしまうこともあります。
そういった意味で種も必ず取り除いてあげましょう。

みかん以外のシトラスにNGのものがあります。

それは、グレープフルーツです。
もちろん健康な犬であればこのグレープフルーツも問題ないのですが、薬を飲んでいて治療中の犬の場合は「フラノクマリン」という成分によって薬の分解が遅くなることがあります。

これによって本来出る薬の効果が時間差で一気に出ることがあり、急な体調不良を起こしてしまうからです。

それ以外のみかん、例えばうんしゅうみかんや夏ミカン系のかんきつ(はっさくやぼんたん、デコポン、ポンカン、オレンジ)はみかんアレルギーの犬でなければ食べることができます。

あくまでおやつとして食べさせるという点にも注意しましょう。

みかんは酸味が少ないものだと、その味わいからたくさん食べたがる犬もいます。
そのため、ついついあげ過ぎてしまうこともあるのですが、そういったみかんは糖度も高く、糖質を摂りすぎてしまうこともあるのです。

糖質の摂り過ぎは犬の糖尿病や内臓の異常を引き起こすこともありますから、お菓子のようにおやつとして食べさせることがコツです。

こういった点に注意すれば、アレルギーでない限り犬に食べさせても良いのではないでしょうか。

犬にみかんをあげるメリットはあるの?

犬にみかんをあげるメリットはあります
それは適度にあげることで、みかんに含まれる栄養分が犬の体調を整えるのに貢献してくれるからです。

その栄養分は主にカリウム、クエン酸、セルロース、そして水分といったものになります。

カリウムはミネラルの一種で、みかんなどの柑橘類にたくさん含まれています。
このカリウムを摂ることで犬のミネラルバランスを整えることが主なメリットです。

加えて、余計な塩分(ナトリウム分)をある程度排出してくれたりするというメリットも挙げられます。
特に夏場など汗やよだれでカリウム不足になりがちなので、補給するためには摂取しやすい食品です。

クエン酸を効率よく摂取できるのもメリットと言えます。
このクエン酸は、胃液の分泌や胃の活動促進作用がある成分なので、食欲が何となくない状態の改善が期待できる栄養素です。

このクエン酸を摂取することで、暑い時期や疲れている状態の犬にも食欲を取り戻すきっかけになってくれるのではないでしょうか。

セルロース(食物繊維)もみかん、とくに薄い内皮に含まれているのが特徴です。
これは犬の便秘や代謝の改善で肥満予防や消化不良を助けてくれます。

ただ、あまりに内皮を与えすぎると下痢などの原因になるので、犬のサイズに合わせて気持ち少なめに与えるようにしましょう。

この他、水分もたっぷり含まれているで、水以外の水分補給にも有効です。
携帯性もあるので、外出時に水分のあるおやつとして持って行くのも良いのではないでしょうか。
なによりヒトも食べられるので、お互いに便利です。

なぜここで、ビタミンCを栄養素として挙なかったのかと言う意見もあるのではないでしょうか。
その理由としてヒトと異なり犬は自分でビタミンCを作ることができるので、そこまで重要ではないということが挙げられます。
そのため栄養素の観点から積極的に与える必要はないのです。

ただ、夏場は自分でもビタミンCを作っても足りないことが多く、ビタミンCが不足しやすい季節となります。
そのためみかんを与えてビタミンCを補給するということも有効な場合もあるので、全く必要と言うわけではありません。

みかんは基本果実をそのままあげる

みかんを犬にあげる時はそのまま皮をむいて種を取って少しずつあげましょう。

簡単に食べさせることができそうな加工品が多くありますが、犬にとってはあまり望ましい食品ではありません。
その理由を加工品ごとに紹介していきましょう。

まずみかんゼリーですが、これは糖分の過剰摂取の他にキシリトールが含まれている製品があり、このキシリトールが問題になります。

人間にとっては、メリットの多い甘味料、キシリトールですが、犬に与えると下痢など様々な不調を起こすことがあるのです。
そういった意味であまり食べさせない方が良いと言えます。

みかん缶詰は、とにかくシロップを含めて糖分を摂りすぎてしまうことから問題です。
内皮や種が綺麗に取られているので、一見食べやすそうです。
しかし、この犬にとって多すぎるシロップの糖分は犬の体調の面で問題になります。

みかんアイスも同様に糖分がネックです。
さらに冷たいので口内で凍傷になる可能性もあるため、基本的に与えないことをオススメします。

冷凍みかんは糖分のネックもないので一見良いように思いますが、あまり望ましいものではありません。
アイス以上に冷たくなっていたり、そのまま飲み込んでしまう犬もいますから、体内が冷えて下痢になることもあるのです。

このようにほとんどのみかん加工品は犬に合いません。
しかし、例外はあります。
それは無糖の100%のみかんジュースです。
このみかんジュースは無糖であればみかんをそのまま食べているのと変わりませんから問題なくあげられます。
ただ、そのままよりもたくさん飲んでしまうことが多いので、あくまで少量与えるということに注意しましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ベストワンっ!厳選の一押しドッグフードはこれ!
ドッグフードおすすめランキングを見る
ベストワンっ!厳選の一押しドッグフードはこれ!
ドッグフードおすすめランキングを見る