人間だけじゃない!犬も気をつけたい熱中症の前兆や症状・対処法や予防法を大紹介!




熱中症という言葉を聞くと、つい人間の熱中症ばかり気になってしまいます。
しかし、地球の温暖化により、いまだかつてない高温となってしまっている現在、動物である犬も人間同様に熱中症になる危険性があります!

また寒い地域の犬種であれば、尚更こういった傾向は顕著になっているのです。そんな犬の熱中症について、その前兆や発症した場合の症状、対処法について紹介していきます。

動物取扱責任者が選ぶドッグフードおすすめ人気ランキング!ドッグフードの選び方や嘘のランキングの見抜き方も教えます。
動物取扱責任者が選ぶドッグフードおすすめ人気ランキング!ドッグフードの選び方や嘘のランキングの見抜き方も教えます。
「ドッグフードの種類が多すぎてわからない」 「愛犬に合ったドッグフードの選び方がわからない」 「口コミや評判、ドッグフードランキングサイトが本当なのか信用できな.....

 

人間だけじゃない犬の熱中症

熱中症は犬も頻繁に発症するようになりました。しかし、前兆や症状が人間と異なることも多く、放置して深刻な状態になってしまうこともあります。
そんな犬の熱中症の前兆や症状について解説していきましょう。

犬の熱中症の前兆

犬の熱中症が発症する直前、今まで見られなかった様子を見せる前兆があることも少なくありません。そんな前兆として、落ち着きがない、舌や口の中がいつもより赤い、よだれの粘り気が強いといった前兆があります。
むしろここまでの状態が見られたら、すでに初期症状が出ているといっても過言ではありません。

落ち着きがないというのはいつもよりも激しい動きではなく、いつもの激しさとは異なった狂ったような動きであったり、酔っ払いの人間のような左右にぶれの大きい歩調になっている状態です。それが頻繁に、せわしなく行われるようになり、明らかに様子がおかしいと感じる飼い主の方も多くいます。

こういった時は、様々な疾患が疑われますが、暑い日であれば最初に熱中症の前兆と思って対処するのがオススメです。舌や口の中がいつもより赤くなります。
これは体温が上がっていることを意味し、体内に熱がこもっている証でもあるのです。こういった状態であれば、すでに熱中症になりかけています。様子がおかしくなくとも舌を出して妙に赤いと思ったら、すぐに熱中症の対応をしましょう。

最後がよだれの粘り気が強い事です。これも体内の水分が減って熱中症になりかけているといって良い状態になります。こういった前兆は何も野外だけではありません。
家の中で普通に過ごしている場合でも起こりますから、室内だから気のせいと思うのではなく、これらの前兆が見られたらすぐに対処する必要があるのです。

犬の熱中症の症状

犬の熱中症は体温が41度を超えて脱水状態となり、犬の身体の細胞が損傷するというのが全体像です。そして、最終的には脳や神経が障害され、腎不全を起こすこともあります。

そんな熱中症の症状は呼吸、動き、舌が青くなるといった3つのものに分けられます。

呼吸は体温が上がっていくため非常に激しくなります。そして心拍が非常に早くなるという状態です。血行を上げて放熱を試みているのですが、多くの犬の場合体毛が多いためこれでは下がりにくいものになっています。

動きですが、激しかった動きから急に元気がなくなり、ボーッとしている、

フラフラしていると言った活発さが失われた状態になってしまうのです。さらに自力で水を飲みに行けなくなり食欲は完全に失われます。ここまで来るとかなり症状が進行している状態です。

更に舌や歯茎が青くなる症状が見られるようになります。さきほど赤みが増した状態が前兆とお話ししましたが、一転して青くなってしまうのです。この状態はチアノーゼと言われる状態であり、命にかかわるくらい重篤化した症状と言えます。

これらを放置すると最終的に死に至ってしまうことも珍しくはありません。飼い犬でここまで放っておくことはほとんどありませんが、野良犬などは自力で対処できずに命を落とすこともあるのです。

また、室内犬にも体力がないケースも多く、高齢者に熱中症が多いのと同様に老犬も熱中症があります。老犬や病中病後の犬がいれば、とくに注意して熱中症対策を行い、可能であれは前兆が見られたらすぐに対応しましょう。そして、熱中症になるのを未然に防ぐことが望ましいと言えます。

このようにその兆候をしっかり見るように普段の犬の様子もしっかり知っておきましょう。

犬の熱中症の対処法や予防法の紹介

これまで犬の熱中症の前兆や症状について紹介してきました。ではこの犬の熱中症にどう対処すればいいのでしょうか。
そんな犬の熱中症の対処法や熱中症を未然に防ぐ予防法を紹介し、まとめました。

犬の熱中症の対処法

対処法は、最終的に動物病院などの医療機関にゆだねられます。しかし自分でできる対処法をしっかり行っておくことで、予後は大きく変わってくるのです。そんな犬の熱中症の対処法を紹介していきます。

屋外や室内で若干対処が異なりますが、基本的に犬を冷やすことが応急処置として有効な手段です
この基本を頭に入れておいて、屋外、室内といったシチュエーション別に解説します。

屋外の場合は、すぐに日陰に運び、濡れたタオルで全身を巻きます。そしてもし手元や近くで購入できるようであれば保冷剤を使って犬の脇、首、そして後ろ足の内また部分を冷やしましょう。これらの部分に犬の太い血管が走っているので、この部分をしっかり冷やすことで犬の体温が下がりやすくなります。

ただし注意すべき点として冷やしすぎる場合や慌てて水をたくさんかけてしまった場合です。こういった行為を行うと震えが起こって体温が余計上がってしまうことがあります。これはシバリングと呼ばれる反応で、体温を下げる邪魔になるのです。
震えるほど冷えていると思って安心すると実はあまり冷えていないことも多くあるため、シバリングが起こるような冷やし方はやめましょう

室内の場合は、冷房があるケースがほとんどなので室温を下げます。そして屋外と同様にぬれたタオルで全身を巻いて、保冷剤で同じく脇や首、後ろ足の内またを冷やしましょう。

これらの処置を行って元気になったら、それで様子を見ていい場合がほとんどですが、改善されなかったり、下痢や嘔吐をし始めたり、あるいは尿が濃くオレンジのような状態になっていたりした状態であれば、冷やしたまま病院へ連れていきましょう。

また、何となく気になる場合も念のために連れていくという手もあります。

犬の熱中症の予防法

愛犬を熱中症にさせたくない、そんな飼い主の方がほとんどです。
このような症状を未然に防ぐ予防法として、外出を控える、冷房管理、外出時は応急処置の準備と言ったものが挙げられます。

散歩に連れていきたいと思っても外が30度を超えるような暑さだった場合は、外出を控えましょう。
散歩させたいと思った場合は、早朝や夕方など気温が下がったタイミングで行うことをオススメします。

冷房管理も重要です。室内であれば、基本的に弱冷房でも良いので一日中つけておくのが理想と言えます。また車で移動する際は事前に冷房で冷やしておき、同様に用事を済ませましょう。
再び車に乗る場合も、一度換気して冷房で冷やしてから犬を乗せるといった冷房管理が重要です。

これ以外にも万が一熱中症になりそうになったらすぐに冷やせるようにぬれたタオルや保冷剤などを持っておくことも予防のポイントと言えます。このように予防をしっかり行っておくことで熱中症を事前に予防し、犬自身も快適な夏を過ごすことができるのではないでしょうか。

また、犬の熱中症対策をすることで自分たち人間自身の熱中症予防にもなります。
そのため、犬のためだけでなく自分のためでもあると認識しておくことも重要です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ベストワンっ!厳選の一押しドッグフードはこれ!
ドッグフードおすすめランキングを見る
ベストワンっ!厳選の一押しドッグフードはこれ!
ドッグフードおすすめランキングを見る