犬にメロンを食べさせていい?注意点や与え方をまとめました!




「犬にメロンを食べさせても大丈夫なのか?」という疑問を持っている飼い主は、軽はずみな気持ちで犬にメロンを食べさせられませんよね。

愛犬の与えるエサのことに、飼い主は細心の注意を払わなければいけません。
もしも犬に与えたエサが原因で何かあったら、非常に心苦しくなってしまいます。

そこでこの記事では犬はメロンを食べても大丈夫なのか?また食べられるとしたらどのように食べさせてあげたらいいのかを解説していきます。

動物取扱責任者が選ぶドッグフードおすすめ人気ランキング!ドッグフードの選び方や嘘のランキングの見抜き方も教えます。
動物取扱責任者が選ぶドッグフードおすすめ人気ランキング!ドッグフードの選び方や嘘のランキングの見抜き方も教えます。
「ドッグフードの種類が多すぎてわからない」 「愛犬に合ったドッグフードの選び方がわからない」 「口コミや評判、ドッグフードランキングサイトが本当なのか信用できな.....

 

犬はメロンを食べても大丈夫なのか

犬がメロンを食べても大丈夫なのか、飼い主としてはそこが最も気になるはずです。
みずみずしくて甘くておいしいメロンですから、もしも大丈夫なら犬にもぜひ食べさせてあげたいですよね。

そこで犬はメロンを食べても大丈夫なのかどうかについてまず最初に解説します。

犬は基本的にメロンを食べてもOK

犬にメロンを食べさせて大丈夫なのかどうか飼い主としては非常に気になるところですが、結論から述べると犬にメロンを食べさせていけないわけではありません。

犬にメロンを食べさせることは可能です。
ですがすべての犬が大丈夫だと言い切れるわけではありません。

犬の中にはメロンが原因で体調を崩してしまうケースもあります。
ですので犬にメロンを食べさせるかどうかは、犬の体質を考慮しながら慎重に判断を下したほうが良いです。

メロンのアレルギーを持つ犬は食べさせてはいけない

犬の中には、メロンに対してアレルギーを持っている犬がいます。
基本的にメロンには犬の健康に害を与えるような成分は含まれていないですが、それとは別にメロンのアレルギーがあると犬は体調を崩してしまいます。

アレルギーのある犬が食べてしまったら、呼吸器障害が起こってしまったり内臓の不調で下痢してしまったりなどの健康被害がありえます。

このようなメロンを原因とするアレルギー体質の犬もいますので、もしもメロンを与えたいのであればアレルギーのことをしっかりと気にかけるようにしましょう。

犬がメロンを食べて何か利点はあるのか

犬は基本的にメロンを食べても大丈夫ですが、メロンを食べて何か利点があるのかは飼い主として気になるところです。

たとえば犬にとって必要な栄養が摂取できるなど栄養面で利点があるなら、メロンに対するアレルギーがない限り積極的に食べさせてあげたいですよね。
そこで犬がメロンを食べることの利点について次は掘り下げていきます。

犬がメロンを食べる利点はあまりない

メロンの主な成分といえば甘さのもとになっている糖分や各種ビタミン類に他ならないですが、これらの主成分が犬にとって利点になるかというと残念ながら必ずしも利点になるとは言えません。

なぜなら一見体に良さそうなビタミンにですが、ビタミンに関しては犬が体内で生成できます。体内で生成できるなら、わざわざ摂取する必要性はないと判断できますよね。

糖分過多で太る原因になってしまいかねない

メロンには糖分がたっぷりと含まれていますが、そのせいで犬がメロンを食べると太る原因になってしまいかねません。

犬が必要以上に太ってしまうのは、飼い主としてなるべく避けたいことです。

人と同じで、犬の太り過ぎも健康を害する要因になりかねません。
糖分がたくさん含まれていてカロリーも高くて運動をそれほどしなかったら、ブクブクと太ってしまう可能性がありますよね。

肥満リスクが高まってしまいかねませんので、メロンを食べさせるのは控えるか、少量にしておきましょう。

犬によっては下痢をしてしまうこともある

繊維質が多くて水分量も少なくないメロンは、犬によっては下痢を引き起こしてしまうこともありえます。

消化器系が不調になればさまざまな健康被害を想定できますので、これもまた犬にとってはよくないことですよね。

愛犬を愛する飼い主なら、犬が下痢で苦しそうにしている姿は目にしたくないはずです。
犬がメロンを食べたら必ず下痢をするというわけではないものの、下痢をするリスクが高まってしまうのは残念ながら否定できません。

エサとして犬にメロンを食べさせる場合に気をつけたいこと

おいしいメロンをどうしても犬に分け与えてあげたい場合は、よく気をつけたうえで与える必要があります。

犬が体調不良を起こさないように、細心の注意を払わないといけません。
ではどのようにして犬にメロンをあげれば良いのかを、これからアドバイスします。

皮はしっかりと剥いて細かい種も取り除く

メロンの分厚い皮や種はお世辞にも消化に良いとはいえませんので、食べさせるならまず皮をしっかりと剥いておく必要があります。

皮をしっかりと剥いておけば、うっかり皮を食べてしまうリスクはありませんよね。
また種についても消化不良を引き起こす可能性がありますので、種も取り除くように心がけましょう。

つまりメロンの実の部分だけを与えるようにすれば、消化不良になってしまうのを前もって予防できるということです。

口が小さい犬には細かく切り分けるのがベスト

たとえば小型犬のように口が小さい犬は、どっさりとした大きなメロンを与えてしまうと飲み込んだ時に詰まらせる恐れがあります。
喉に詰まりでもしたら大変ですので、詰まらないように工夫して与えないといけません。

工夫とは、犬が食べやすいように細かく切り分けることです。
切り分けておけば、うっかり犬がメロンを詰まらせないで済みます。
そもそもたくさん与える必要性はありませんので、ほんの少し与えるぐらいがちょうど良いと心得ておきましょう。

犬にメロンを食べさせて大丈夫なのか細心の注意を払う

犬にメロンを与える際は、細心の注意を払わないといけません。
では上記で挙げたこと以外にどんなことに注意すべきなのか、最終的な確認ポイントについてもアドバイスします。

交差性アレルギー反応を気にしておく

主にブタクサやスギなどのアトピーを有している犬は、メロンを食べることによって交差性アレルギー反応が出る恐れがあります。

交差性アレルギー反応とは、植物のタンパク質においてもアレルギーを引き起こしてしまう症状のことです。

リンゴやメロンなどが該当します。絶対的に交差性アレルギー反応が出ると決まっているわけではありませんが、アレルギーによく注意を払っておくに越したことはありません。

メロンで水分を補おうとするのはオススメできない

メロンを食べることで足りない水分を補えるという考え方もありますが、それはあまりオススメできません。
なぜならいくら水分を補えるとはいっても、メロンを主食にしていたら摂取する栄養のバランスが著しく偏ってしまうからです。

アレルギーがなくてメロンを食べさせても問題ないならたくさん食べさせてあげたくなりますが、いくら水分補給になるとはいっても適度な量にとどめておくのが犬の健康を保つための考え方です。

メロンはあくまで間食に少しだけ食べさせるぐらいがちょうど良い量だと覚えておきましょう。

たとえ好物だったとしても、食べさせ過ぎは健康上よくありません。
メロンを食べさせ過ぎないように気をつけましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ベストワンっ!厳選の一押しドッグフードはこれ!
ドッグフードおすすめランキングを見る
ベストワンっ!厳選の一押しドッグフードはこれ!
ドッグフードおすすめランキングを見る