愛犬に歯磨きは必要?いろいろな歯磨きの方法と知識




愛犬にとって、歯磨きは私たち人間と同じように大切です。
犬は歯垢が歯石になる速度が速く、人の25日に対し、わずが3〜5日で歯石化してしまうことを忘れてはいけません。

人よりも歯周病になりやすく、3歳の80%が歯周病になっているというデータもあるほどです。
歯石になってしまうと動物病院で処置しないと除去できないので、その前に落とすことがとても大切なのです。

オーラルケアの役目を果たすためには、オーラルケアアイテムは飼い主の気分でたまにあげるだけではなく、定期的に清潔なものを与えたいところです。
しかし、人間と違い、口の中の歯をブラッシングすることは難しいのが現実ですよね。

人間にとっての歯ブラシと、同じ基準でオーラルケアアイテムを与えていませんか?今回は愛犬にとってベストなオーラルケアアイテムについて考えてみましょう。

動物取扱責任者が選ぶドッグフードおすすめ人気ランキング!ドッグフードの選び方や嘘のランキングの見抜き方も教えます。
動物取扱責任者が選ぶドッグフードおすすめ人気ランキング!ドッグフードの選び方や嘘のランキングの見抜き方も教えます。
「ドッグフードの種類が多すぎてわからない」 「愛犬に合ったドッグフードの選び方がわからない」 「口コミや評判、ドッグフードランキングサイトが本当なのか信用できな.....

 

飼い主が愛犬の歯を磨いてあげる

難しいですが、できるのであれば飼い主が愛犬の歯を磨き方を覚えるのがいいです。
歯磨きの道具は大まかに分けると3つあります。

  • 棒歯ブラシ
  • 歯磨き用クロス
  • 歯磨きガム

飼い主さんが使って歯磨きをするものは、棒歯ブラシと歯磨き用のクロスになります。

棒ブラシでの歯磨きは棒の先端が目や体に刺さらないようすることを気を付けてください。
歯磨き用のクロスの場合は人差し指に巻いて使ってください。

歯磨きはしっかりと愛犬の体を押さえつけます。このときかわいそうだからといってしっかり押さえないと怪我をしてもっとかわいそうなことになるので心を鬼にして苦しくない程度に体をホールドしてください。

その状態から人間の歯を磨くと同じように磨いていってください。

難しい場合はトリミングサロンに任せてしまうのもあり!

それでも愛犬が暴れてしまってどうにもできないという方はシャンプーなどのついでに歯磨きもしてもらうのもいいと思います。

1日何回も歯磨きをしていると思うのでうまく歯磨きしてくれるでしょう。

オーラルケアアイテムについて

歯磨きを飼い主がしてあげなくても歯磨きと同じような効果があるアイテムがあります。

毎日の食事とは別に、何か硬いアイテムを噛むことで、犬の口腔内では

  • 歯垢除去
  • 口内衛生
  • 口臭抑制

などの効果が得られます。
そして現在、色々な素材のオーラルケアアイテムが販売されています。

布やロープ製のおもちゃ

ホームセンターのペットグッズ売り場やペットショップでは、布やロープ製のおもちゃ、プラスチック製や木製のデンタル用おもちゃをよく見かけます。

これらは、噛むことによってその繊維に歯垢が擦り取られ、歯ブラシのように機能します。犬は夢中になって齧ろうと、あちこちの方向から噛みます。その歯磨きに似た動作によって、歯の表面とガムが擦れ、歯垢・歯石の付着を予防することができ、また、歯垢除去効果が発揮されます。

しかし本来、犬の歯は固いものを噛むには向いていません。犬の歯は、やわらかい肉を引き裂き、噛みきるという事が上手くできるように構造になっているのです。固いものを強く噛んだり、人の臼歯のように噛み続けるという事には適していません。

その理由から、硬いものを噛んだ時に上顎の第4前臼歯がパキッと折れてしまうケースが少なくありません。布やロープ製のおもちゃ、プラスチック製や木製のデンタル用おもちゃは、与えた後に与えっぱなしにせず、飼い主が見守っている必要があります。

また、おもちゃが破損していないか、犬の口腔内に傷ができていないか、適宜確認する必要があります。
さらに、お気に入りのおもちゃには次第に歯垢がいっぱい付着して、不衛生な状態になっていきます。定期的に新しいものにするのを忘れないようにしましょう。

犬が夢中になって噛むことを想定すると、硬いほうが歯垢が取れやすいと思ってしまいませんか?
実は、犬の歯は意外ともろく、骨やひづめ、乾燥したアキレスなど硬いものを噛むと、臼歯が割れたり、犬歯が欠けたりします。

また硬い素材にはそもそも歯がくいこまないため、歯の根本の歯垢が取れないという弱点があります。
そのため柔らかさに欠けるプラスチックのおもちゃは、いくら噛んでも危ないだけで、あくまでおもちゃとしてしか機能を期待できません。歯磨きとしての効果が得られにくいのです。

歯磨きガム

ホームセンターのペットグッズ売り場やペットショップでには、歯磨きガムという商品もたくさん販売されています。

歯磨きガムは、ガムを噛むことにより唾液の分泌を促し、歯垢を落としたり、またガムに含まれる消臭成分により口臭予防を期待することができます。また噛む事で、犬自身のストレス解消法にもなると言われています。

犬用歯磨きガムの主成分は、牛皮・豚皮・牛筋・小魚・砂肝などから出来ており、ポピュラーなものとしては、茶色の牛皮の物が多くみられます。

牛皮の商品は少し匂いはありますが、基本的には皮本来の味だけです。牛皮の細かな繊維が、ブラッシングの効果を発揮すると言われています。
また、牛皮本来の色が出た茶色のガムは、硬くて長持ちするのが特徴であり、ロングセラーとなっています。

しかし、よりたくさんの犬に向けて、食いつきの良いミルク風味のものや、棒状のものにササミが巻いてある物など数多く販売されており、人間が匂いを嗅いでも美味しそうな匂いがするものも沢山あります。表示をよく確認した上で、おやつ用ガムと区別をして購入しましょう。

ここまで見てきた通り、オーラルケアアイテムを選ぶときのポイントは以下の4点と言えます。

  • 硬すぎないこと
  • 歯や、歯と歯の隙間に密着できること
  • 繊維質であること
  • 嗜好性がよいこと

歯磨きガムの注意点

おもちゃより衛生的で、機能性が高く、より与えやすいオーラルケアアイテムは、歯磨きガムであることがわかりました。ここで歯磨きガムの注意点を確認しましょう。

大きさと選びかた

大きすぎるガムは口内を傷つけてしまいます。また、万が一丸飲みした場合、丸飲みされた犬用ガムは胃液では消化できず、消化管に詰まってしまう危険性があります。

歯磨きガムに限らず、ガムのサイズ選びはとても重要です。一般に、犬が噛んだときに口の両端から2~3cm飛び出すものが適度なサイズと言われています。

また、与えっぱなしにするのではなく、飼い主が口の横からガムを差し入れ、少しずつ送りながら噛ませていくのが正しい与え方と獣医師が指導しています。

誤飲でのどや食道に詰まりやすい大きさの商品や、消化不良を起こしやすい素材の商品は避ける必要があります。
商品パッケージに記載された小型犬用・大型犬用という表記をきちんと確認し、与える前に飼い主によって十分注意することが必要です。

カロリーとアレルギー

牛皮から作られているガムは案外カロリーが高いのをご存知ですか?指向性が高く、おねだりされるたびに与えていては、1日に与えるフードと加え、カロリーオーバーになってしまう可能性があります。
おやつも別途与える場合もあるとしたら、なおさらカロリーバランスを配慮する必要があります。

また、市販されているガムの多くには牛の皮が使われています。
アレルギーの場合は牛の皮が使われていないものを使いましょう。

穀物由来の歯磨きガム

牛皮から作られているガムはカロリーが高いこと、安価に作れないこともあり穀物を主原料としてつくられているガムもあります。

原料

現在販売されている穀物原料の商品には、どのような穀物が含まれているのでしょうか。市販されている商品を調べてみたところ、以下の素材の商品が確認されました。

  • とうもろこし
  • 小麦
  • 大豆
  • オーツ麦
  • 米粉
  • じゃがいも由来デンプン
  • 乾燥おから
  • タピオカ粉

これらの穀物由来の商品はいずれも、これまで多く販売されてきた動物性の歯磨きガムに極めて近づけ、長時間噛めるような高い弾力性を持たせるよう配合されています。

もちろんそれだけでなく、ブラッシング効果、唾液分泌促進の効果を維持しています。それでいてなおかつ、誤飲しても体内できちんと消化し、排出できる特長があります。
また、適度な噛みごたえも再現しており、愛犬のお腹の調子を整えてくれる作用のあるオリゴ糖を加えた理想的な商品もあります。

現在はたくさんの植物由来成分の歯磨きガムが開発されており、仮に小麦やとうもろこしにアレルギーがある犬の場合は、じゃがいも由来のデンプンを成分とした商品を選択することもできます。

穀物アレルギーという犬は使用を控えてください。

まとめ

人間より虫歯になりやすい愛犬のオーラルケアは、できれば手軽な方法で、毎日の習慣にしたいところです。
歯ブラシを当てることが難しくても、繊維状のブラッシング効果の高いガムを選べば、短時間でも効果が得られます
最近では、従来より販売されてきた布製のおもちゃや動物性の歯磨きガムの良いところに加え、カリローやアレルギーの面で犬にも安心安全な、穀物由来の歯磨きガムも数多く販売されるようになりました。

カロリーや成分をよく考慮してベストな商品を選び、どの犬も人間と同じように歯磨きを習慣にし、ずっと健康なまま一緒に過ごしたいですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ベストワンっ!厳選の一押しドッグフードはこれ!
ドッグフードおすすめランキングを見る
ベストワンっ!厳選の一押しドッグフードはこれ!
ドッグフードおすすめランキングを見る