犬がチョコレートを食べてはならないのは理由とは?飼い主にできる対処法




飼い主なら犬には食べさせてはならないものがあるというのを聞いたことがあることがあるでしょう。

玉ねぎやニラなどのユリ科の食品や、レーズン、アボカドなどが代表例として知られています。実はチョコレートも犬に食べさせるととても危険ということが示されている食べ物です。愛犬にご褒美としてあげたいと思うかもしれませんが、命のリスクを伴うのでやめましょう。

この記事ではなぜチョコレートを犬に食べさせてはならないのか、もし食べてしまったらどうしたら良いのかを説明します。

動物取扱責任者が選ぶドッグフードおすすめ人気ランキング!ドッグフードの選び方や嘘のランキングの見抜き方も教えます。
動物取扱責任者が選ぶドッグフードおすすめ人気ランキング!ドッグフードの選び方や嘘のランキングの見抜き方も教えます。
「ドッグフードの種類が多すぎてわからない」 「愛犬に合ったドッグフードの選び方がわからない」 「口コミや評判、ドッグフードランキングサイトが本当なのか信用できな.....

 

チョコレートを犬に食べさせてはならない理由

まずはチョコレートを犬に食べさせるのが厳禁な理由を理解しましょう。

カカオに含まれている成分が問題になるため

チョコレートが犬にとって危険な食べ物なのはカカオが含まれているからです。チョコレートの主成分はカカオと糖質で、カカオの中に含まれているテオブロミンが原因物質となっています。テオブロミンの毒性は肝臓で代謝されることで緩和されて体外に排泄されていきます。

この代謝経路は人でも犬でも同じですが、犬の場合にはテオブロミンの代謝が遅いために体内に蓄積しやすいのが問題です。平均的に見ると分解にかかる時間が人の三倍くらいかかるとされています。
そのため、テオブロミンによって中毒症状が引き起こされてしまいやすく、代謝が遅いので症状が長引いてしまいがちです。

テオブロミンの中毒症状とは

チョコレートを食べてテオブロミン中毒になるとどのような症状が引き起こされるのでしょうか。代表的な症状は以下の通りです。

  • 下痢や嘔吐などの消化器症状
  • 興奮や喘ぎなどの精神症状
  • けいれんや昏睡などの中枢神経症状
  • 不整脈や頻脈などの循環器症状
  • 頻尿や失禁などの腎臓症状

多岐にわたる症状が出るのは、テオブロミンが中枢神経系に働きかける性質を持っているからです。中枢神経系の活動が狂ってしまうために、神経によって活動を成業されている臓器や器官が正常通りに活動できなくなってしまい、全身で色々な不調が生じることになるのです。

また、このような症状は食べた直後に出てくるのではないので注意しましょう。一般的には3時間~12時間で症状が出てきます。遅い場合には翌日になってから出てくることもあるので注意が必要です。

テオブロミン中毒と致死量

チョコレートによるテオブロミン中毒では死に至ることもあります。どのくらいの量を食べると中毒症状が出てきて、どれだけ食べてしまうと命の危険を伴うのでしょうか。

犬の種類による違いはあるものの、致死量については体重1kgあたり100mg~200mgとされています。症状が出始めることが多いのがこの20%~40%を食べた頃からで、体重1kgあたり20mg~80mg程度と考えることができます。一般的には100mg/kg近く食べたときに中毒が起こっている傾向があります。

なお、チョコレート換算にするとどのくらいになるのかは、チョコレートに含まれているカカオ含有量に大きく依存します。最近ではハイカカオチョコレートも販売されていて、97%以上もカカオが含まれているチョコレートもあるでしょう。

単純に考えるとカカオ45%のチョコレートにはカカオ90%のチョコレートに比べるとテオブロミンが半分しか含まれていないのでリスクは約半分と考えることが可能です。
一般的なミルクチョコレートのテオブロミン含有量が100gあたり250mgなので、体重1kgあたり10gくらいで症状が出るリスクが高くなり、致死リスクが生じるのが40gくらいというのが目安になります。

一口サイズのチョコレートをうっかり犬が食べてしまったという程度であれば特に症状も出なくて大丈夫な場合が多いでしょう。

しかし、板チョコを1枚食べてしまったとなると40g~60gくらいあるので、5kgくらいの小型犬では症状が出るリスクが高くなります。カカオ含有量が高い場合には板チョコ1枚でも命を落とすリスクがあるため、十分に注意しなければなりません。

カカオが使用されているものは全て注意

チョコレートが中毒を引き起こすのはテオブロミンが原因なので、テオブロミンが含まれている食べ物や飲み物は犬には厳禁ということになります。

そのため、チョコレートだけでなくカカオを使用しているものは全て注意が必要です。ココアが特に注意すべきものですが、ココアパウダーがかかっているお菓子を犬が食べてしまったという程度なら少量なので大丈夫でしょう。

ただ、ココアの健康効果が注目されるようになってカカオを使用している加工食品が増えてきています。うっかり犬が食べてしまったために中毒になってしまったということがないように、人の食べる加工食品は安易に与えないのが大切です。

チョコレートを食べてしまったときの対処法

もし犬がチョコレートを食べてしまったらどうしたら良いのでしょうか。
いざというときの基本的な対処法を紹介するので覚えておきましょう。

特効薬は存在しない

まず前提として覚えておく必要があるのは、テオブロミン中毒に対する特効薬はないということです。

これを飲んだら治るという特効薬があれば常備しておけば良いだけで簡単なのは確かですが、犬の自然な代謝力に任せてテオブロミンを排泄させなければ回復することはありません。

クリニックで診察と処置を受ける

チョコレートを食べてしまったのに気づいたときにも、中毒症状が出てきて何とかしなければならないときにも、飼い主にできるのはクリニックに連れていくことです。

症状が軽い場合には休ませているだけで回復することもありますが、テオブロミンの中毒症状は初期から数時間かけてピークに達するのが一般的です。
大したことはなさそうだと思って休ませていたら、ひどくなってきて慌ててクリニックに連れていくというケースもあります。もしチョコレートを食べてしまったことがわかったなら重症度を問わずにクリニックを受診しましょう。

クリニックでは嘔吐させる、胃内戦場をするといった形で、これ以上テオブロミンが体内に入らないようにする処置をしてくれます。症状を抑えるための薬を使用してくれることも多く、放っておいたら命のリスクがあった犬も薬による治療で一命を取り留めていることがあります。

どのくらいのチョコレートをいつ食べたのかによって適切な処置が変わることが多いため、状況を整理してメモ書きにしておくとスムーズに治療に入れるでしょう。チョコレートの外袋があるなら持っていくと犬がどのくらいのテオブロミンを摂取したのかがわかり、より適切な処置をしてもらえる可能性があります。

処置がスムーズに行われれば数時間で症状が落ち着いてくる場合がほとんどです。いかに早い段階で気づいてクリニックに相談するかが重要だと覚えておきましょう。

チョコレートを食べさせないためには

犬にチョコレートを食べさせないようにできればそれがベストです。

飼い主としてできるのは犬が飛びつけるようなところにはチョコレートを置かないことです。また、犬の前ではチョコレートを食べないようにするのも効果的で、うっかり落としてしまったときや飛びついてきたときに食べられてしまうリスクがなくなります。

統計的には年齢的に若い犬ほど好奇心が強くてチョコレートを誤飲するケースが多いことが示されています。そのため、特に若いうちにはチョコレートを犬から遠ざけるように意識するのが大切です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ベストワンっ!厳選の一押しドッグフードはこれ!
ドッグフードおすすめランキングを見る
ベストワンっ!厳選の一押しドッグフードはこれ!
ドッグフードおすすめランキングを見る