愛犬の吠える癖を治したい人必見!吠え癖を治す上手なしつけ方法はコレだ! 




犬を飼っている人の悩みとして多く聞かれるのが「愛犬の吠え」についてのお悩みです。

飼い主や家族に対してはとてもなついていて大人しいのに、来客や家の前を通る人には激しく吠えてしまったり。

ひどい場合には、近所からクレームが来てしまったという人もいるでしょう。

しかし、きちんと対処法を理解してしつけができれば、犬の吠え問題は簡単に解決できてしまいます。

愛犬が吠えるのは、犬種の性質や愛犬の性格だと諦めていた人も、悩みの渦中にいる人も必見です。

愛犬が吠える原因はコレだった!まずは愛犬の気持ちを考えてみよう。

愛犬が吠えることに困っている人は、まずは愛犬が吠える原因や理由を知る必要があります。

原因さえ取り除いてやれば、犬が吠えることも少なくなるようです。

愛犬が吠える理由は下記のいずれかに当てはまるでしょう。

犬が警戒している

犬は人の何倍も嗅覚や聴覚が優れています。

ですから、いつもと違う匂いや物音などには敏感に反応してしまうのも無理はありません。

また飼い犬とはいえ、野生の本能から普段との違いを危険と感じ警戒心を露わにします。

利口な犬ほど警戒心が強いとも言われており、見慣れないものが近づくと警戒心から吠えて威嚇をしたり、飼い主に危険を知らせようとしているのです。

犬が威嚇、攻撃をしようとしている

気に入らない相手が目の前に現れた時、犬は攻撃の意味合いで相手に吠えることもよくあります。

家の前を散歩する、よその犬であったり、野良猫であったり、通行人に対して嫌悪感や恐怖を感じると、吠えて追い払おうとするのです。

普段の可愛らしい愛犬の姿とは全く違って鬼の形相を見せることもあるでしょう。

犬が自分の身やテリトリーを守ろうとしている

自分のテリトリーへの侵入を防ごうとしたり、おもちゃ、食べ物などを奪われそうになると犬は防衛するために吠えます。

犬や猫を多頭飼いしているお宅では、餌の取り合いやおもちゃの取り合いとなって犬が吠えてしまうケースも少なくありません。

要求吠え

人間の赤ちゃんは泣くことで親に要求を伝えますよね。

それと同じように、犬も吠えることでしか要求を伝えられません。

飼い主の関心を引こうと吠えてみたり、外に連れて行って欲しい、おやつが食べたいと要求しているのかもしれません。

犬の要求することが分からないと、飼い主は犬が吠えてうるさいと感じてしまいます。

ストレス発散

ストレスが溜まったには、狂ったように吠えることがあります。

例えば散歩や遊びが少なく運動不足に陥っていたり、ひとりの時間が長くて愛情不足の状態になっているのかもしれません。

意外とやりがち!NGな吠え癖対処法

犬が吠えてしまう理由が分かったところで、早速対処法が知りたいですよね。

その前に、お伝えしておきたいことがあります。

犬の吠えが改善できると広まっている情報の中には意外と効果がなかったり、逆効果となるものもあります。

先にやらない方が良いNGな対処法についてお話ししましょう。

大声で怒鳴ったり厳しく叱る

犬がうるさく吠えるときには、「うるさい!静かにしなさい!」などとついつい大声で怒鳴ってしまいませんか?

たしかに飼い主の怒鳴り声には犬も一瞬びっくりして吠えることをやめるかもしれません。

上手くいけばその日くらいはシュンと顔をしておとなしくしていることもありますが、根本的には改善されていません。

きっと数日後には何事もなかったようにまた吠え続けるでしょう。

叩いたりして叱る

犬が吠えて困っている人の中には、手が出てしまうという人もいるようです。

無駄吠えに頭にきたからといって、犬を叩いたり、食事を与えないなどの罰を与えて分からせようとするのはいけません。

犬が悪いことをしたら不快感を与えることを続けていると、犬と飼い主の信頼関係はどんどん壊れていきます。

そしてあなたに全く寄り付かなくなったり、あなたの言うことを全然聞かなくなるでしょう。

刺激の強い無駄吠え防止グッズを使う

巷ではペットのしつけグッズがたくさん売られています。

その中には、犬に無駄吠えをさせないグッツとして、犬が吠えると超音波や電流が流れる首輪なども売られています。

犬が無駄吠えを始めたらリモコンで操作をして電流を流すことを繰り返してトレーニングをするといった流れで使ったりします。

一見画期的な方法のようにも思えますが、犬にトラウマを負わせてしまう可能性もあります。

度々電流を流されて首輪を見ただけでも怯えるようになったり、普通の首輪をつけるのを嫌がってしまう場合もあるのです。

本当に効果のある吠え癖の対処法はコレだ!

上記でお伝えしたNGな対処法はどれも瞬間的であり、愛犬のメンタルにとって悪影響であり、一時凌ぎなやり方です。
それでは改善したとは言えませんよね?

根本的に犬の吠え癖を治すためには、飼い主の愛情と根気の良さに勝るものはありません。

では具体的にそのやり方をお伝えしましょう。

警戒の対象に慣れさせる

例えばインターフォンの音が鳴ると来客を察知して吠える犬には、あえてインターフォンを鳴らし、何も変化がないことを繰り返し分からせます。

電話の音や、通行人に対しても同様です。

流れとしては、警戒の対象にいつもの様に犬の警戒心が強まってほえ始めたら、まず犬を落ち着かせるます。

優しい声でポジティブな言葉をかけましょう。

そしてお気に入りのマットやハウスに移動させます。

警戒して吠えたときにはしつけのチャンスなので、この一連の流れを反復して学習させましょう。

要求による吠えには塩対応が良い

「おやつが食べたい」「散歩に行きたい」「遊んで欲しい」など要求を叶えて欲しくて吠えることでアピールしているなら塩対応が効果的です。

そもそも、愛犬が吠えて要求するようになったのはかつての成功体験があったからです。

あなたが犬の要求吠えにすぐに応えたことが、「吠えれば望みが叶う」と犬に間違った学習をさせてしまったのでしょう。

要求吠えが起きた時には、あえて知らん顔をして間違った学習に気づかせましょう。

飼い主であるあなたが犬の要求を理解できたとしても、冷静に「ハウス」や「おすわり」などの指示を出します。

吠え続けることは犬の体力も消耗し、吠えても要求も叶えてもらえないと分かれば自然と吠えることをやめられるのです。

愛情表現をたっぷりしてあげる

攻撃や防守などで無駄吠えをしてしまう犬には、愛情表現をたっぷりしてあげることで問題行動が抑えられるケースがほとんどです。

犬が興奮し攻撃的になったときに、飼い主の穏やか声や柔らかな手で冷静さを取り戻すことも少なくありません。

攻撃の対象が目の前に現れた都度、飼い主が穏やかに接して落ち着かせることで、攻撃の対象とみなさなくなります。

また、ストレスによる吠えではストレス源を取り除く必要があります。

愛情を持って犬を飼育している飼い主ならば、愛犬のストレス源に検討がつくでしょう。

長時間散歩をしてあげることが出来なければ、遊びで運動不足を解消してあげるなど、日々観察することで解決策が見えてくるはずです。

根本的に犬の吠え癖を治すなら、まずは愛犬がなぜ吠えるのかを今一度考えてみましょう。

そして怒鳴ったり、叩いたりネガティブな感情を植えつけて吠え癖を治すのはいけません。

愛情を持って原因に合った対処法を実践すれば、必ず愛犬の吠え癖は改善するでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ベストワンっ!厳選の一押しドッグフードはこれ!
ドッグフードおすすめランキングを見る
ベストワンっ!厳選の一押しドッグフードはこれ!
ドッグフードおすすめランキングを見る