ミールは危険な材料だった?!ドッグフード選びの注意点




ドッグフードの原材料としてメジャーな素材の一つがミールです。

しかし、ミールと言われても実際にどんなものなのかイメージがつく人は少数派でしょう。ミールはオートミールなどに代表されるように、穀物などを粉末状にしたものです。ドッグフードの場合はチキンミールなど肉を原料としたミールが加わることが多くなります。

しかし、なぜ、豚肉や鶏肉といった原材料名ではなく、○○ミールのような表記されるドッグフードがあるのでしょうか?

ドッグフード選びの上でミールの意味を知ることはとても重要です。特にペットの健康に気を使いたい人には必須の知識になっていますね。当たり前だからと見過ごされがちなので注意が必要です。

今回はそのミールについて詳しく説明していきます。

動物取扱責任者が選ぶドッグフードおすすめ人気ランキング!ドッグフードの選び方や嘘のランキングの見抜き方も教えます。
動物取扱責任者が選ぶドッグフードおすすめ人気ランキング!ドッグフードの選び方や嘘のランキングの見抜き方も教えます。
「ドッグフードの種類が多すぎてわからない」 「愛犬に合ったドッグフードの選び方がわからない」 「口コミや評判、ドッグフードランキングサイトが本当なのか信用できな.....

 

動物性のミールには人が食べられない部位が含まれる

ミール類などは人間用に加工される鶏肉、牛肉、豚肉の余った部分を乾燥、処理された粉末状のものです。
ようするには人間用に作った食材の本来捨てる部分をペット用に使っているということです。

原材料に使用されているドッグフードは、悪い物は使われないと思われがちです。しかし、実際には人間とペットフードの食品安全の基準は異なり、使える原材料にも違いがあります。

一般的なドッグフードに使われるミールや○○パウダーなどは人間の食品では使われない部分があり、格安の価格が成立していることが多いのです。日本のペットフード公正取引協議会の栄養基準では、アメリカの米国飼料検査官協会(AAFCO)の規定を参考に作られています。

AAFCOのミールの基準では、ミールは「動物の肉や組織から脂肪分を抽出(レンダリング)したものを乾燥させて粉末状(肉骨粉)にした素材」となっています。ラード動物性脂を作る際に脂肪分を取り除いた肉を利用しているため、本来食肉用として出回らない物が使われているのです。

肉を無駄にしないという発想ではメリットがありますが、どのような加工が行われたのか、どんな原材料が使われたのか不明になりがちという欠点があります

コストカットに使われることが多いのがミールやパウダーの特徴のため、リスクを感じる場合は避けるのが基本です。

チキンミールなど原材料が確認できる場合は比較的安全性が高い

同じミールでもチキンミールなど動物名が書いてある物と、ミートミールなど使われている動物名が書かれていない物があります。

ミートミールの場合は、複数の動物のミールが混ざっている可能性があり、注意が必要になります。特にアレルギー体質を持つ犬には危険で、知らずに与えてはいけない動物の肉の成分を与えることになる可能性があるのです。原材料がしっかりと確認できるだけで安全性は高まりますね。

ただし、食肉用の部位以外の部位も含まれていることには変わりない為、安全性や品質に気を使う場合は候補から外すのも方法です。

プレミアムドッグフードは人間の安全基準で原材料を選ぶことが多く、原材料に○○ミールではなく、チキン、ポークといった動物名が書かれることが多くなります。なので原材料名しっかりを確認して、ドッグフードに品質をチェックしましょう。

ミール以外にも注意した方がいい原材料がある?

ドッグフードには原材料の表記義務があり、ガイドラインにしたがって原材料を表記する必要があります。しかし、ミートミールのように詳しい原材料を知ることが難しいものは他にも存在します。
たとえば、肉副産物といった表記です。

肉副産物は食肉加工などの段階で人間用に販売できない物のことです。牛であれば、肺、脾臓、腎臓、脳、肝臓、骨などで、鶏であれば頭や足が含まれます。栄養が豊富な内蔵を栄養補助目的で利用するケースもありますが、かさましが気になる場合は避けるのも方法になります。

穀物系のミールが多い場合は消化の負担を気にした方がいい?

ドッグフードに使われるミールは肉類だけではありません。米や麦といった穀物のミールが使われることも珍しくなく、主要な材料になっていることもあります。

コストの関係上、人間の食用に不適切な米などが使われることも多いので、健康を気にする人はチェックしたいポイントです。

また、気にしなければならないことは他にもあります。それが穀物系のミールが含まれる量です。
犬は人間よりも必要なたんぱく質の割合が多く、肉や魚を原材料とするたんぱく質豊富なドッグフードを与える必要があります。

ドッグフードの原材料の表示順は原則使われた材料の重量順になっています。肉類や魚類などたんぱく質を多く含んだものが一番最初に記載されるのが望ましく、穀物類が一番最初に来ている場合は注意が必要です。コスト優先で犬に役立つ栄養分が少ない可能性があるからです。

また、穀物が多すぎると犬の消化に負担を与えるという説もあります。実際にはドッグフードに含まれる穀物は加熱処理されるのが一般的で、犬の消化に負担を与える可能性は低くなっています。ですが負担にはなるので穀物不使用のドッグフードにするのが一番です。

ただし、アレルギー体質の犬などの負担になる可能性はあるため、病気や肌のトラブルが多いといった症状がある場合は獣医に確認した上で、ドッグフードを変えた方が良い場合もあります。

穀物アレルギーとグルテンの関係

穀物アレルギーとともに重要なのが、穀物に含まれることが多いグルテンです

犬は人間とともに進化してきたため、雑食でも体を維持できます。しかし、体質的に穀物を受け入れないケースや、穀物に含まれるグルテンの消化ができないケースもあるのです。

アレルギーやグルテンの負担を避けるため、グレインフリー(穀物不使用)、グルテンフリー(グルテンが含まれる原材料不使用)のドッグフードも作られています。獣医師に穀物アレルギーやグルテンの消化に問題があると指摘された場合は、ドッグフードの見直すことが重要になります。

プレミアムドッグフードはミールを使わないことが一般的になる

一般的なドッグフードと違い、プレミアムフードはミールを使用しないドッグフードになります。犬の健康を重視して、原材料の厳選から開発が始まることが多いからです。

トップブリーダーや愛犬家が開発に関わることも多く、安全性を重視したい場合は候補に入りやすくなります。

プレミアムドッグフードはミールを使わないことが一般的で、使う肉の種類も決まっていることが多くなります。これは特定の動物肉にアレルギーを持つ犬もいるためです。

チキンやポークではなく、ラム肉や魚肉をメインにしたドッグフードを作っているメーカーも存在します。肉の種類もポーク、ビーフ、ラムなどとわかりやすい表記になっており、原材料が分かりやすいのも魅力です。

ミールが含まれるドッグフードには注意が必要

ドッグフードの原材料にミールが含まれている場合は、どんなミールなのかを考える必要があります。

動物性のミールであればどんな肉などが使われているか、愛犬がアレルギー体質であれば、穀物のミールが使われているか、などをチェックする必要があるのです。

アレルギー体質などもなく、健康な犬であれば市販のドッグフードを与えても健康上の影響を受ける可能性は低くなります。しかし、愛犬に長生きして欲しい、健康に気を使いたい場合はプレミアムドッグフードを選ぶなど、原材料がしっかりと確認できるかから考えるのがおすすめです。

価格帯が大きく異なる場合が増えますが、健康には変えられません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ベストワンっ!厳選の一押しドッグフードはこれ!
ドッグフードおすすめランキングを見る
ベストワンっ!厳選の一押しドッグフードはこれ!
ドッグフードおすすめランキングを見る