ドッグフードに入ってる穀類は体に悪い?穀類についての正しい知識




近年犬を飼う家庭が増え、ペットを飼うというよりも、家族の一員として一緒に暮らすという意識がより高まってきています。そのような意識の高まりが、ペット市場にも大きく影響し、ドッグフード市場もどんどん進化を遂げています。

今は、どのような栄養が摂取できるか、また不要なものが含まれていないか、ということが非常に重要視されています。今回はドッグフードの原料としてよく使われている穀物は愛犬にとっていいものか悪い物かを詳しく説明していきたいと思います。

動物取扱責任者が選ぶドッグフードおすすめ人気ランキング!ドッグフードの選び方や嘘のランキングの見抜き方も教えます。
動物取扱責任者が選ぶドッグフードおすすめ人気ランキング!ドッグフードの選び方や嘘のランキングの見抜き方も教えます。
「ドッグフードの種類が多すぎてわからない」 「愛犬に合ったドッグフードの選び方がわからない」 「口コミや評判、ドッグフードランキングサイトが本当なのか信用できな.....

 

穀類は犬にとって害?

安価で手に入るよう、穀物の入ったドッグフードが一昔前は当たり前でした。

しかし、今はどうでしょう。本来、犬の先祖であるオオカミは肉食動物であり、犬もまた今でこそ人間の手で作られた栄養食のようなドッグフードを食していますが、犬も肉食に近い雑食動物です。

多くのドッグフードには穀物が含まれております。なぜ穀物が多いのかというとはそれ肉より穀物のほうが安価だからです。
犬は穀類を消化することが全くできないわけではありませんが、穀類を消化することを人間より得意としているわけではありません。穀類を消化する酵素である「アミラーゼ」という成分をあまり持ち合わせていないばかりに、消化器官に影響を及ぼす可能性もあります。

では、このような穀類の入ったドッグフードを食べ続けると、犬にどのような影響が出てしまうのでしょうか。答えから言うと、全く影響が出ない犬がほとんどです。
しかし絶対に影響が出ないというわけではないので、愛犬には体に良いドッグフード食べてもらいたいです。

人間に体質があるように、犬にも犬種により、また個体差により、多少の影響が出てきます。具体的にどのような影響が出てしまうのかは、次で詳しく説明していきます。

穀類が犬に与える影響

消化器官に負担かけてしまう

先述した通り、犬は穀類を消化するための「アミラーゼ」という唾液内に含まれていないために、穀類を消化することを苦手としています。ですので、穀類を大量に摂取することにより、消化器官など負担をかけてしまう可能性があります。

しかしドッグフードにつかわれている穀物はアルファ化されており犬にも消化することが可能です。
ですが、やはり得意ではないので多少は消化器官に負担をかけてしまいます。

肥満の原因になる可能性がある

人がダイエットをする際に、よく炭水化物を控えてダイエットをすることがあります。これは炭水化物の糖分で太ってしまうことを避けるためです。犬にとっても、同じことが言えます。

犬が肥満になると、内蔵への負担だけでなく、足腰などの関節などを傷めてしまう可能性もあります。
やはり、適正な体重を守ってあげるのが、飼い主の使命であり、愛犬が好きだからと言って欲しがっても、あげないことが優しさであり、現在の犬の健康や、将来の健康、すなわち健康寿命を長くすることにも繋がってきます。

アレルギーの原因になる

小麦アレルギー」は人間でもある話ですが、犬にだってあります。
このような穀類にアレルギーを持つ犬に穀類を与えてしまうと、消化器官や皮膚などに影響を及ぼします。

ドッグフードを変える時は慎重に成分表を見る必要があります。ドッグフードを変える時には、前のドッグフードと新しいドッグフードの割合を調整しながら、少しずつ体が新しいドッグフードに慣れるようにしなければなりません。

しかし、ここで下痢などの症状が出てしまうと、体に合わない、ドッグフードの成分の中に何かアレルギーのあるものが入っているのかもしれない、と疑う必要があります。犬のアレルギー症状でよくあるのは、下痢や嘔吐、皮膚疾患(かゆがったり、抜け毛が増えたりする)、足の裏など体の一部を集中して舐め続ける、などが挙げられます。

動物病院ではアレルゲンを特定する検査が受けられます。犬は人間のように、症状が悪くても、それを伝えることができません。これらの症状やその他にも、普段にはない症状が出てしまっていないか、注意深く見守ってあげる必要があります。

穀類は、犬が死に至るような禁止されている食べ物(タマネギやチョコレートのようなもの)のように扱われておりません。全ての犬に影響が出るわけではないので、穀物が多く使われているドッグフードもたくさんあります。

愛犬のために良いドッグフードを選択するのをおすすめします。

グルテンフリーとグレインフリーのドッグフード選び

まずは「グルテン」と「グレイン」について、きちんとした知識を身に付けましょう。

グレイン」とは、穀物全体を表し、特に穀類のことです。「グルテン」小麦に含まれているタンパク質を指します。それに「フリー」が付くので、「グルテンフリー」や「グレインフリー」は、それらが「入っていない」ということがわかります。

なかなかこのような謳い文句のあるドッグフードは、スーパーのドッグフード売場のようなところでは目にしませんが、インターネットでしか販売されていない、特別なドッグフードがかなり出回っており、口コミなども多数あります。

国産のものであるとか、海外のものでも安心で安全で、どのような工場でどのような材料を使って作られているか、というのもサイト上で細かく説明されています。

飼い主にはドッグフードを選ぶ際に、選択肢が昔より多くなっています。
お試しサイズを最初に購入できるものや、無料で試せる試食品があるものもあり、自信があるからこそ、様々なドッグフードを売り出している企業が、少しでも多くの人に知ってもらおうと努力をしています。

このような世の中になってきたのも、犬がペットとしてというよりは、人間と共存する家族として認められるような社会が当たり前になってきたからです。
人々の生活にも、犬と家族として大切に過ごす、健康を管理する、ということが重要視されているから、ペット業界のフード市場もどんどん拡大してきたのでしょう。

人は毎日様々なものを食べて生活しますが、犬は決まったドッグフードを毎日2食、もしくは3食、ずっと食べ続けます。だからこそ、安全性にこだわるべきであり、穀類だけでなく様々な成分が犬に与える影響をきちんと知り、家族である愛犬が毎日食べるドッグフードを慎重に選ばないといけません。

「グルテン」や「グレイン」、穀類だけが犬にとって悪影響を及ぼすだけではありません。人工甘味料や着色料、香料など、他にもこだわってあげたいところはいろいろあります。

しかし、すべてを満たすようなドッグフードが存在するとは限りません。限りなく、自分が与えて後悔しないもの、愛犬に満足してあげられる味や体調を管理してあげられる栄養素にこだわり、愛犬と少しでも長く、健康に、楽しく暮らしていくために、食生活へのこだわりは大切だと言えるでしょう。

あなたと愛犬の一生が、より豊かなものになりますよう、どうぞ愛犬が口にするものは、自分が口にしても大丈夫なものである、というくらいの意識を持ち、選び、与えるよう、配慮していくことが、愛犬とのベストライフに繋がっていくでしょう。

いつまでも愛犬が健康でありますよう、数多くのドッグフードから、あなたが満足するドッグフードを選んであげてください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ベストワンっ!厳選の一押しドッグフードはこれ!
ドッグフードおすすめランキングを見る
ベストワンっ!厳選の一押しドッグフードはこれ!
ドッグフードおすすめランキングを見る