カナガンドッグフードは本当に安全なの!? 気になるその結果とは!?




愛犬の元気と健康ためにも、ドッグフードは価格だけでなく安全性にも注意を払いたいものです。

ドッグフードのなかでは常にランキングに顔を出し、世界的にも知名度を誇るカナガンドッグフードはこの点、どうなのでしょうか?

ここではカナガンドッグフードに使われている原材料の品質や栄養、ドッグフードがつくられている環境に着目して、その安全性についてお伝えします。

動物取扱責任者が選ぶドッグフードおすすめ人気ランキング!ドッグフードの選び方や嘘のランキングの見抜き方も教えます。
動物取扱責任者が選ぶドッグフードおすすめ人気ランキング!ドッグフードの選び方や嘘のランキングの見抜き方も教えます。
「ドッグフードの種類が多すぎてわからない」 「愛犬に合ったドッグフードの選び方がわからない」 「口コミや評判、ドッグフードランキングサイトが本当なのか信用できな.....

 

カナガンは安全なヒューマングレード

カナガンドッグフードの原材料は全てヒューマングレードです。ヒューマングレードとは「人間が食べても可能な品質の食材が使われているもの」といった意味があり、ドッグフードの品質や安全性の一つの目安ともなっています。

なぜ、これが安全性に係わってくるかというと、ドッグフードは法律上、「食品」とはみなされていないからです。私たちが食べるものは食品衛生法やJAS法などの法律によってその品質が守られていますが、ドッグフードはこうした法律が適用されません。

このため、人の食卓には決してのぼることがないようなものが使われることも珍しくありません。

どんなものがあるのでしょうか。次にみてみましょう。

飼い犬の安全を考えると避けたい4Dミート

4Dミートとは4つの「D」からはじまる単語の頭文字をとった言葉で、以下のような意味があります。

  • Dead――死亡した
  • Dying――死にかかっている
  • Diseased――病気だった
  • Disabled――障害を持っていた

4Dミートには、屠殺でない動物の死体や、病気や死にかかっている動物の肉、食肉処理の過程で廃棄処分となる部位を肉粉や肉骨粉に作り変えたものが含まれたりします。

原材料表示上は4Dミートとは記されず、「肉類」とか「肉副産物」、「ミール」といった言葉で表記されています。4Dミートを利用すること自体は、通常なら捨てるだけだった畜産資源の有効利用の面もあり、悪いことではありません。

また、4Dミートそのものが有害だという科学的根拠は今のところ提示されていません。しかし、そうはいっても、4Dミートのなかには病気だった動物の肉も使用しているため、その動物がどんな病気にかかっていたかを考えると不安はぬぐえません。

実際、4Dミートが人の食べる食品として利用されることはありません。日本ではペットフード安全法が2009年に施行されたものの、4Dミートの使用可否は製造業者に任されており、ペット先進国の欧米に比べると規制は緩めです。

このため、安いドッグフードのなかには、原価を落として安く売るために原材料のはっきりしない粗悪な素材が使われているものもあります。

ヒューマングレードのカナガンは、人が食べても大丈夫なレベルの素材ばかりを使用しているので安全性は高く、安心して愛犬に与えることができます。

カナガンは人工添加物も不使用

食品として扱われないドッグフードは、人の食品には使えないような添加物でも使用が可能で、味、におい、色を取り繕うために添加物を多く使っているものもあります。またアレルギーの原因や、染色体に異常を起こしたり、発がん性のあるものもあります。

着色料を使って色をつけることは、犬にとってはあまり意味はないのですが、買い手である飼い主の目をごまかすために使われたりします。

その点、ヒューマングレードのドッグフードは、そうでない製品に比べて添加物ははるかに少なくなっています。

カナガンはミネラルやビタミンによる合成添加物以外、人工添加物を一切使用しておらず、その点でも安心して愛犬に与えることができる安全なドッグフードです。

カナガンは犬の食性を考えたグレインフリー

人間が食べても大丈夫な素材が使われていたとしても、それだけではまだ安全だとは言えません。何故なら、ヒトと犬とでは食性に違いがあるからです。

人間はどちらかというと草食性に近い雑食なのに対し、犬は歯や口、消化器系の構造からして肉食に近い雑食の動物です。ですから犬が人と同じ食事をすると、場合によっては消化不良を起こしたり、健康を害することもあります。

犬にとって安全な食べ物を与えるためには、犬の食性を知る必要があります。

歯や口の構造からみる犬の食性

ヒトと犬の奥歯(臼歯)を比べた場合、ヒトの臼歯は字のごとく植物をすりつぶすのに適した臼状の形状をしています。犬の臼歯は歯学的には臼歯と呼ばれるものの、その先は尖った形をしていて、ちょうど上顎と下顎の歯が重なることでハサミのように作動し、肉をうまくかみ切れる構造になっています。

また、犬の犬歯はヒトより発達し、肉食動物の多くがそうであるように、獲物をしとめるのに適した長く鋭い形になっています。歯の形状を見る限り、犬の食性は肉食系といえます。さらに歯を支える顎は、ヒトが左右に動かせるのに対し、犬は上下にしか動かせません。

植物を消化しやすいようによくすりつぶし、咀嚼するのに適しているのはヒトの方で、犬はこの点でも肉食系といえます。

消化管の長さからみる犬の食性

消化管の長さも動物の食性を知るヒントになります。

トラやライオンの消化管の長さは体長の4倍、草食動物の牛や羊は20~25倍となっていて、肉食動物の腸は短いのに対し、草食動物は長い傾向にあります。

一方、犬はどうかというと、犬は5~6倍、猫は4倍、ヒトは7.5倍になっています。消化管の長さでみれば、猫はライオンやトラと同じほぼ肉食系であるのに対し、犬は猫ほど肉食系ではないということになります。

実際、犬は猫にはない奥歯があり、肉以外の食べ物を食べるのに猫より適した構造になっています。しかし、ヒトと比べると犬は短く、ヒトほど植物を消化するのは得意ではないことがわかります。このようなことから犬は肉食に近い雑食の動物ということができます。

また、小麦やコメなどの穀物を食べたとき、ヒトは既に口のなかで消化酵素であるアミラーゼを含む唾液を出しますが、犬の唾液にはアミラーゼが含まれず、炭水化物の消化は小腸にいってはじめて始まります。

植物繊維を分解する腸内細菌の数をみても、犬はヒトよりはるかに少なく、炭水化物を消化吸収し栄養として利用することが可能なものの、ヒトほどうまく利用できません。

逆に、犬の胃酸はヒトの20倍も強く、生肉や骨を消化しやすくなっています。

以上のようなことから、犬にとって消化吸収しやすく栄養バランスのよい食事は、人間の食事内容とは異なることがわかります。

犬の食性に適した食事内容とは?

ドッグフードのなかには肉よりも小麦やトウモロコシといった炭水化物が主原料になっているものもあります。

犬は少量であれば炭水化物を消化吸収して利用できますが、エネルギー源のメインとなるのはタンパク質や脂肪です。また、タンパク質には動物性と植物性がありますが、消化に時間のかかる植物性タンパク質は得意ではありません。

植物繊維は、犬の腸内環境を整えたり、腸の蠕動運動を助け、便秘の予防や改善に役立ちますが、その量は人間ほど必要とはしません。

炭水化物メインの食事だと、犬はそれをうまく利用できず、消化器系に負担をかけることになり、健康を損なう可能性が高くなります。犬にとって消化のよい食事とは高タンパク質で低炭水化物の食事内容で、その割合は少なくとも「3(動物性タンパク質):1(脂質):1(炭水化物)」と言われています。

カナガンドッグフードは原材料の約60%に動物性タンパク質を使っている「高タンパク質・低炭水化物」のドッグフードです。

タンパク質の原材料として使われているチキンは、養鶏場の中で飼われた鶏ではなく、自由に体を動かすことのできる屋外で平飼いした鶏が使われています。

一方、炭水化物はどうでしょうか。犬のなかにはグルテンを多く含む小麦やトウモロコシといった穀物に対して、かゆみや涙ヤケ、毛並みが荒れるなどのアレルギーを持っているものもいます。
カナガンは犬に必要な炭水化物はサツマイモを原料として用い、穀物不使用(グレインフリー)なので穀物アレルギーの出る心配はありません。

またドッグフードの形状が小粒なドーナツ型をしており、噛む力の弱い子犬やシニア犬でも容易に噛み砕け、喉を詰まらせるようなこともないため安全です。

カナガンは安心安全の生産管理体制でつくられている

安全なドッグフードを選ぶには、原材料の品質や栄養バランスだけでなく、それがどんな環境で作られているかも気になるところです。

カナガンドッグフードは、欧州ペットフード工業会連合(FEDIAF)が定める基準に適合したイギリスの工場でつくられています。厳しい品質テストを製造の前と後の2回実施し、製造過程で問題が起きたときにはすぐに検知・対処するために、工程はすべてモニターによる監視のもとに行われています。
パッケージの一つ一つにはシリアル番号を明記、原材料の買い付けから、製造過程、出荷、流通の履歴が追跡できるトレーサビリティも完備しています。2017年にはメーカーの努力が認められて、英国における優秀な企業に与えられる「The Queen’s Award for Enterprise」を受賞しています。

カナガンは原材料だけでなく、その製造環境も、犬の安全を考えて作られているドッグフードだといえるでしょう。

まとめ

愛犬が毎日食べ続ける食事が本当に安全なのかは飼い主にとって気になるものです。

飼い犬は飼い主が与えたものしか食べれないため、愛犬の安全は飼い主に委ねられていると言ってもいいでしょう。カナガンドッグフードは、愛犬の健康と長生きを願い、安全なものを与えたいと願っている飼い主にぜひお勧めしたいドッグフードです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ベストワンっ!厳選の一押しドッグフードはこれ!
ドッグフードおすすめランキングを見る
ベストワンっ!厳選の一押しドッグフードはこれ!
ドッグフードおすすめランキングを見る